リチャードジノリ プリンセスローズ デザート皿

Posted at 08/02/11

リチャードジノリのプリンセスローズ・シリーズのデザート皿です。

お皿を囲む縁の紫色と、ピンクのバラ柄のコントラストが素敵なシリーズです。
お皿にも、カップにもそうですが、バラの花と緑の葉やつぼみが全体に
まんべんなく描かれている、とてもフェミニンな柄です。

けれど、決して子供っぽくならないのは、その技術の高さだと思います。
シックでいて、フェミニンなこのリチャードジノリのプリンセスローズ・シリーズ。
この食器を選んでスイーツを食べる時は、私もまたそんな気分なのかもしれません。


イタリア、リチャードジノリ・ミラノ店での購入話はこちらから


※リチャードジノリ(RICHARD-GINORI):

イタリアの総合陶磁器メーカー。

1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が自領であるドッチアに
磁器窯を開き創業。当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、
マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は
自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、
イタリア初の白磁を完成させた。開窯当初はマイセンのような豪華で
精緻な芸術作品に力が注がれていた。

1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなる。
1956年、ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、
イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。

ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれている。
また、1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は
現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛される。

また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、
ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされている。

(ウィキペディアより)

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ ←応援クリックお願いします ウェッジウッドお急ぎならここ!●Sohbiネットショップ

▲Top of page

大丸 大丸