ティファニー シェル柄のデザートプレート

Posted at 08/07/16

ティファニー(Tifanny)のシェル柄のデザートプレートです。
プレートの中央に大きなシェルの柄が描かれ、
爽やかな色彩ながらも、大柄でスイーツを置いても貝の水色が見えるプレートです。
ティファニー(Tifanny)のシェル柄のデザートプレートの中でも
中央と縁にこれだけ柄の入ったものは、珍しいと思います。


こちらのシリーズは、現在は廃盤の柄ですが、
1995年頃にティファニーのニューヨーク本店で購入しました。
7月の暑い時期に行ったので、この青と金の色彩がとても爽やかで
涼しく感じてとても気に入りました。
やはり今も、夏に使用することが圧倒的に多い食器です。

ティファニー(Tifanny)の食器は、フランスのリモージュ焼きで
パリ12区にある、リモージュ焼きの工房で作られています。
手描きで絵付けしている様子を、見学できるようなので、
いつか訪れてみたいと思っています。
私が見た本では、アウトレット品の販売も少数あるとか・・。

デザートプレートと合わせると、こんな感じです。


「リモージュ焼き」:
パリから南南西に260キロ、ヴィエンヌ川のたもとに広がる
古いフランスの街リモージュで生み出される陶器のことを指します。

この地は古くからフランス王室御用達の陶磁器製造を担ってきました。
美しく白いリモージュ焼きは、窯焚と施釉を何度も繰り返すことで生み出されます。
全工程すべて手作業で行われ、1400度という高温で焼かれます。
リモージュ地方の上質のカオリン(白磁)が惜しみなく使われた
リモージュ焼きはフランスの歴史を華やかに彩ってきた
非常に歴史のある陶器です。

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ ←応援クリックお願いします ウェッジウッドお急ぎならここ!●Sohbiネットショップ

▲Top of page

大丸 大丸