ロココ調サービスプレート その3

Posted at 08/08/20

パリで買ったサービスプレートその3です。
素材はプラスチック製で、プラスチックの中にフランスの古典柄の
生地が挟めてあるつくりです。

表面裏ともにプラスチックなので、お手入れも濡れたふきんで拭くだけと
とてもお手軽に使えます。

以前にも同じようなサービスプレートを、パリの美術館のミュージアムショップで
一つ9ユーロで購入しましたが、こちらはサンジェルマン大通のディプテックの横
にある雑貨屋で、6.5ユーロで買いました。

この中の生地の柄違いで2種類、その色違いで4種類と
とてもバリエーションが多く、感激でした。

このプレートの生地柄もフランスの古典柄系です。
昔の貴族風の女性が森でブランコを楽しんでいる様子が描かれています。
お付の人?なのか、少年が木に縄をくくりつけて、
ブランコを女性たちに作ってあげたようです。

柄の色は紫で、とても合わせやすい落ち着いた色です。
この春(2008年)パリでは、パープルのテーブルウエアが流行でした。
いたるところで、様々なパープルのテーブルウエアが売られていて
パープル系のテーブルウエアをあれこれ買いました。

こちらは、このサービスプレートをパリで買ってすぐに使ったテーブルです。
テーブルクロスはピンクにして、小物はランチョンマット、グラス、
コースターもパープル。

テーブルにあしらったお花も、パープル系のピンクのバラです。
20本で12ユーロ、宿泊先近所の花屋で買いましたが安かったです。

パリでの宿泊先がキッチン付きのアパートメントホテルでしたので
キッチンや食器が完備され、味気ないテーブルでしたので
お気に入りのテーブルクロスを買い、テーブルウエアも即使えたので
とても楽しくアパートメントホテルのパリ暮らしを楽しめました。

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ ←応援クリックお願いします ウェッジウッドお急ぎならここ!●Sohbiネットショップ

▲Top of page

大丸 大丸