ティフィン社 アントワネットシリーズのウォーターグラス

Posted at 13/02/18

アメリカのティフィン社(TIFFIN)のアントワネットシリーズの
1960年代のウォーターグラスです。

アメリカのティフィン(TIFFIN社)のことは、全くわからないのですが
購入先でお聞きしたことろ、製作過程に40人もの職人さんが
携わるグラスのようです。


グラスにエッチングされたリボンガーランド模様がなんとも繊細で可愛らしく、
特筆すべきは、やはりグラスの口に施された金彩です。

ローレルの葉がクラシカルな雰囲気で施されて、
口をつけるのはこの金彩部分になるのですが、その口当たりが驚くほどよいグラスです。

カトラリーもシルバー製は、ステンレス製とはまるで口当たりが違い
まろやかで味までも変わるほどだと思いますが、ティフィンの
このウォーターグラス縁の金彩は、それを思わせるものでした。


グラスの脚部分のカットも個性的で素晴らしいです。
尖っているものの、持つときにはなんら邪魔になりません。
職人さんの計算によるものなのでしょう。


ずっしりと重いこのティフィンのウォーターグラス、
グラスにほどよい厚みがあり、洗うときも薄いグラスより安心感があります。


このティフィンのウォーターグラスに出会ってから、
きれいだなと思い、毎日水を飲むのが楽しみです。

3客だけの販売でしたので、大事に割らないように末永くお付き合いしたいグラスです。

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ ←応援クリックお願いします ウェッジウッドお急ぎならここ!●Sohbiネットショップ

▲Top of page

大丸 大丸